スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エマ・ワトソンの変遷

2014/12/15 22:24
今世紀初頭のファンタジー映画といえば、「ハリー・ポッター」シリーズ。
当時中学生だった私も見にいったし、小説も学校の図書館で予約してまで借りたのを覚えている。
同級生にもファンが多かった。
英語の授業で配られる基礎英語のテネキストお便りコーナーにダニエル・ラドクリフの似顔絵が載ったとき、そんなものを描いて送った奴の下世話さをみんなが嘆いたのが忘れられない。
いまの中学生にも「ルーモス光よ!」と言えば通じるようで、その影響力の強さは今も根強く残っている。
多くの人が想像する現代の魔法使いの世界観が、的確に描かれていたということなのだろう。

前置きはこの辺にして本題に入ろう。


写真で振り返るハーマイオニーの10年!!

(拍手)


探したが見つからないのでつくってしまった。
あまり自信がないので、間違っていたら教えて下さい。


1.賢者の石(2001公開)


2.秘密の部屋(2002公開)


3.アズカバンの囚人(2004)


4.炎のゴブレット(2005)


5.不死鳥のフェニックス(2007)


6.謎のプリンス(2009)


7.死の秘宝(part1:2011・part2:2011)

顔立ちが大人びていくのもさることながら、髪型の変化が目立つ。
最初は前髪があったし、おそらくかつらだけれど後ろ髪がかなりボリューミーだった。
アズカバンあたりから前髪がなくなり、髪のボリュームもふつうに。
ハーフアップにしたり、カールも大きめになったりと、徐々に大人っぽくなっていく。
スポンサーサイト
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。